川崎市川崎区にある眼科、きりやま眼科

 角膜炎(かくまくえん)

黒目の部分を角膜といいます。この角膜が炎症をおこした状態が角膜炎です。
体の中でもとくに敏感な部分で知覚神経が走っているために、炎症が起きると激しい痛みがあります。角膜の炎症の原因は、細菌・カビ・ウイルス・アメーバなどによる感染症、コンタクトレンズ装用による傷などさまざまです。そのまま放っておくと角膜がにごることがあり、傷ついた角膜は急速に悪化しますので、早期に治療することが大切です。


▶目の病気 一覧に戻る