川崎市川崎区にある眼科、きりやま眼科

 結膜炎(けつまくえん)

まぶたの裏側と白目をおおっている粘膜の部分を結膜といいます。この結膜がさまざまな原因で炎症をおこした状態が結膜炎です。
結膜炎の原因は、細菌、ウイルス、アレルギー物質などいろいろあります。特に、ウイルス性の結膜炎は、ウイルスの種類によって流行性角結膜炎(はやり目)・咽頭結膜炎(プール熱)・急性出血性結膜炎があります。いずれも伝染力が強く特効薬もないので、注意が必要です。
また、アレルギー物質によって起こる結膜炎は、花粉の他にダニ・ハウスダスト・動物の毛・コンタクトレンズなどが要因です。最近では特に花粉症に伴うアレルギー性結膜炎が、多くの人に発症しています。


<おもな治療方法>

症状に合わせた点眼薬の投与が中心になります。
ウイルスや細菌性の結膜炎は、手で目をさわることで感染することが多いので、手洗いがとても大切です。

▶目の病気 一覧に戻る