川崎市川崎区にある眼科、きりやま眼科

 屈折異常 近視・遠視・乱視・老視(くっせついじょう きんし・えんし・らんし・ろうし)

外からの光が目に入り、網膜上でピントが合い結像する状態を正視といいます。メガネやコンタクトレンズなどで調整しなくともはっきりとものが見える状態です。それに対して、ピントが網膜の前や後で合ってしまい、遠くや近くがボヤけて見える状態を屈折異常といいます。
網膜上でうまく焦点が合わせられない屈折異常には、近視・遠視・乱視・老視などがあります。
ぼやけて見えるために、無理に焦点を合わせようとして、目が疲れやすくなります。メガネやコンタクトレンズで矯正していても、視力に合っていないと、目が正しく見ようとしてピントを調節しますので疲れやすくなります。

正 視

近 視

近視は、水晶体のピントを合わせる「調整力」が弱まり、網膜の手前でピントが合ってしまい映像がぼやけて見えます。

遠 視

遠視は、遠くのものを見るとき、近くのものを見るときはさらにピントを調整しなければなりません。ピントを合わせるために、常に目の筋肉を使って調節していますので、とても目が疲れやすく、頭痛・肩こり・めまい・まぶしいなど眼精疲労と同じような症状が現れることがあります。メガネで視力を矯正することで、目の負担を軽減することが大切です。
20〜30代くらいまでは、水晶体が柔軟で調整力がありますので、裸眼でも遠くをみるときは良く見えることが多く、近くをみるときもある程度見えますので、自覚症状がなく学校検診などでも見落とされがちです。

乱 視

角膜は、正面から見たとき、一点を中心に、全方向均一なカーブを描いています。均一でなく、方向によってゆるいカーブときついカーブがあると、光の焦点は二つに分かれてしまいます。これが乱視です。症状は、ものが「ぼやけて見える」「二重に見える」などです。また、まれなことですが、角膜ではなく水晶体のゆがみによって乱視になっていることもあります。

乱視の種類

乱視には正乱視と不正乱視があります。正乱視は、角膜が一定方向にゆがんでいる状態で、屈折した光が一点で焦点を結ばず、二カ所で焦点を結んでしまいます。不正乱視は、角膜のカーブが不規則なため、どこにも焦点が結ばれない状態です。
また乱視は、角膜のゆがんでいる方向によって直乱視・倒乱視に分けられます。
直乱視は、角膜が上下方向にゆがんでいる状態です。
倒乱視は、角膜が横方向にゆがんでいる状態です。

老 視(老 眼)

早い人で30代後半から40代にでる症状で、手元や近くが見えにくくなります。これは目のレンズ「水晶体」が加齢とともに柔軟性を失ったり、毛様体筋という水晶体のピントを調整する筋肉の働きが弱まるために起こります。
近くを見るときにピントを合わせるため水晶体を厚くしようとしても、必要に応じただけ厚くならず網膜の後でピントが合ってしまいます。

視力矯正の必要性

メガネで視力を矯正しないと、ものを見るとき良い方の目ばかり使い、調整力が弱い方の目は使われなくなります。
また、片方の目を酷使することになるため、良い方の目も視力が低下することがあります。


定期的な検査と目に合ったメガネ

目に合っていないメガネは、目に負担をかけるばかりでなく、頭痛や肩こりなどの症状がでる場合もあります。定期的に検査を行い、目に合ったメガネを使用することが大切です。


まぶたの裏側と白目をおおっている粘膜の部分を結膜といいます。この結膜がさまざまな原因で炎症をおこした状態が結膜炎です。
結膜炎の原因は、細菌、ウイルス、アレルギー物質などいろいろあります。特に、ウイルス性の結膜炎は、ウイルスの種類によって流行性角結膜炎(はやり目)・咽頭結膜炎(プール熱)・急性出血性結膜炎があります。いずれも伝染力が強く特効薬もないので、注意が必要です。
また、アレルギー物質によって起こる結膜炎は、花粉の他にダニ・ハウスダスト・動物の毛・コンタクトレンズなどが要因です。最近では特に花粉症に伴うアレルギー性結膜炎が、多くの人に発症しています。


<おもな治療方法>

メガネやコンタクトレンズで視力を矯正するのが一般的ですが、視力回復トレーニングや角膜に医療用レーザーを照射して視力を矯正するレーシック治療などもあります。すでにメガネやコンタクトレンズで視力矯正をしている方も、年に1度は眼科で視力検査をして、目に合ったメガネやコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

▶目の病気 一覧に戻る